THE CREATORS #nomorerules.

THE CREATORS #nomorerules.

THE CREATORS #nomorerules.

KATE × 木村一真 × Laura day romance メイクで魅せる、新進アーティストの多彩な音楽世界

KATE × 木村一真 × Laura day romance メイクで魅せる、新進アーティストの多彩な音楽世界

KATE × 木村一真 × Laura day romance メイクで魅せる、新進アーティストの多彩な音楽世界

THE CREATORS vol.1

木村一真 #4

2022.12.22

注目のクリエイターに、既存の枠にとらわれない表現を引き出してもらうことで、自己表現の可能性を広げていく新企画「THE CREATORS」。今回は新世代ギターポップバンド・Laura day romanceの4人をゲストに迎え、ヘアメイクアップアーティスト木村一真さんのプロデュースで新たなアーティスト写真を撮影。繊細で複雑な色合いの音楽を奏でる彼らからインスパイアされた、新ビジュアル&インタビューをお届けします。


Laura day romance

Laura day romance

Laura day romance

zine-cr_001_04-top-laura_day_romance-img-s

新ビジュアル制作前のLaura day romance。左から、ドラムの礒本雄太さん、ボーカルの井上花月さん、ギターの鈴木迅さん、ギター&ボーカルの川島健太朗さん

架空の街をテーマにした作品から、日々の生活を丁寧にすくいとった一曲まで、短編小説のように作り込まれた世界観を歌うギターポップバンド、Laura day romance。2017年に結成して以来、フェス出演や単独ライブの開催、アパレルや映画とのタイアップなど、活躍の場を広げています。
「ひとつのジャンルに偏らず、それぞれが影響を受けた音楽や映画など、色々な要素を入れて新しい世界を形作るのがLaura day romanceの表現。一色ではない複雑なカラーと、誰にでも届くようなポップさを大事に、多様な音楽の橋渡しのような存在になれたら」。そう話す彼らが大切にしている「Laura day romanceらしさ」を、木村さんの手で、新たなアーティスト写真として表現していただきました。


NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

アーティストが持つ“ムード”をメイクで引き出していく

アーティストが持つ“ムード”をメイクで引き出していく

アーティストが持つ“ムード”をメイクで引き出していく

zine-cr_001_04-article_01-img-01-s

――ミュージシャンのヘアメイクを多く手がけている木村さんですが、今回の企画にあたってどんなことを考えましたか?

Laura day romanceの4人が持つ“ムード”みたいなものを楽曲や本人たちから感じ取って、彼らに寄り添うようなメイクをしたいなとまず思いました。アーティスト写真ってそのときの時代感だったり、その人たちの気分をビジュアルで伝えてくれるものだと思うので、今回もそれを表現できたらいいなと。もちろんLaura day romanceのイメージだけじゃなく、僕から見た彼らの魅力を新しく引き出せるようなものを目指そうと考えていました。

――そういったバンドのムードみたいなものは、どうキャッチしていったのでしょう?

最初は音楽やライブ映像、過去の写真などを見て探っていきました。彼らの音楽を聴いて感じたのは、優しく語りかけるような雰囲気の中にも、何か考えさせられるようなテーマや、人生は甘いだけじゃないっていう現実的な目線があること。ただ優しいだけじゃなくて、伝えたい思いみたいなものがしっかりあるのだなと思いました。

撮影前にボーカルの井上花月さんが僕のアトリエを訪れてくれたのですが、そこで本人と話したときの印象も音楽と通じるところがあって。すごく柔らかいキャラクターだけど、アトリエに並んでいる本をじっくり観察していたりとか、しっかりものを見ている感じがしたんです。そういう雰囲気を感じとるようにしていました。

zine-cr_001_04-article_01-img-02-s

――Laura day romanceの4人にお聞きします。今回の企画を受けて感じたことや、新しいビジュアルへの期待感みたいなものはありましたか?

井上:私はすごく嬉しかったです。メイクとか音楽って、自分の好きなものをそこで表現できるという意味では、似ている部分があると思うんです。私自身も最近はメイクにはまっていて、お化粧ひとつでこんなに表現の幅が広がるんだなっていうのを感じていたし、他のメンバーにもメイクに興味を持ってほしいなと思ってました。

礒本:僕らは撮影のときも髪や肌を少し整えるくらいで、しっかりメイクするっていうのは初めてのことだったので、最初は「自分たちもやるの?」っていう戸惑いはありましたね。

zine-cr_001_04-article_01-img-scroll

zine-cr_001_04-article_01-img-scroll

zine-cmn-img-clear

川島:メイクに対する戸惑いはあったけど、ヘアメイクをしてくれるのが木村一真さんだと聞いて、すごく楽しみだったんです。僕は木村さんと同じサロンにいた美容師さんにずっと髪を切ってもらっていたので、間接的に木村さんのことは知っていて。「この人に任せれば、きっとかっこよく仕上げてくれるんだろうな」って想像していました。

鈴木:これまでアーティスト写真は自分たちでプロデュースしていたので、今回はそういう発想の外に連れていっていただけるような期待感がありました。どういうメイクをするんだろうっていう怖さがありつつも(笑)、新鮮さやワクワクが大きかったですね。

KATE × 木村一真 × Laura day romance

KATE × 木村一真 × Laura day romance

KATE × 木村一真 × Laura day romance

多様で繊細なバンドの“色”を表現したアーティスト写真

多様で繊細なバンドの“色”を表現したアーティスト写真

多様で繊細なバンドの“色”を表現したアーティスト写真

zine-cr_001_04-article_02-img-01-s

さまざまな要素が混ざり合う音楽性をカラーパレットで表現

さまざまな要素が混ざり合う音楽性をカラーパレットで表現

さまざまな要素が混ざり合う音楽性をカラーパレットで表現

zine-cr_001_04-article_03-img-01-s

――木村さんにお聞きします。Laura day romanceの表現をビジュアルに落とし込むなかで、具体的にどんなメイクコンセプトを作っていきましたか?

全体的なポイントはカラフルなアイメイクですね。KATEらしいカラーバリエーションを活かしたかったのもありますが、僕がLaura day romanceの音楽に感じた、優しいだけじゃない現実的な目線や伝えたい思いっていうのを目もとのメイクに宿す形で表現しています。川島さん、鈴木さん、礒本さんには一色ずつポイントカラーを、井上さんにはメンバーに使った色味を含む、さまざまなカラーのアイシャドウをグラデーションのようにのせました。

――ボーカルの井上さんに、メンバーをイメージした色味を重ねた理由は?

Laura day romanceは、ボーカルが中心というよりも、それぞれが小さい花を持っていて、花束のようにお互い寄り添っているイメージがあるんです。だから、それぞれの色や思いを井上さんが歌うように、メイクも全員で表現できるようなものがいいと思って、こういう色の使い方にしました。何色を使うかってことにはそこまで意味はなくて、全体的なカラーバランスを意識しています。カラフルだけどバラバラではなく、ひとつになってより輝く。そんな多彩な彼らの魅力を表しています。

MAKEUP POINT

MAKEUP POINT

MAKEUP POINT

zine-cr_001_04-article_03-img-02-s

井上花月

多彩に織りなす音楽を
カラーメイクにのせて

一色では表せない複雑なカラーを持った音楽性を、目もとに散りばめたアイシャドウ「ザ アイカラー 051、303、P204、M108、P209、056、M102」で表現したアイメイク。メンバーに使用した色味を含む、さまざまなカラーパレットを集合させたシャドウ使いは、多彩な「色」をボーカルにのせたLaura day romanceの音楽とマッチする。

USED ITEM

USED ITEM

USED ITEM

A. ザ アイカラー 051(上目頭、G303の上に使用)
B. ザ アイカラー G303(下まぶた真ん中に使用)
C. ザ アイカラー P204(上まぶた真ん中に使用)
D. ザ アイカラー M108

(二重幅+下目尻 ※アイライナーを
使わない代わりに使用)
E. ザ アイカラー P209(上目尻~眉毛までに使用)
F. ザ アイカラー 056(下目頭に使用)
G. ザ アイカラー M102(056の上に使用)

cr_001_04-article_03-img_a-m

cr_001_04-article_03-img_a-m

cr_001_04-article_03-img_a-s

cr_001_04-article_03-img_b-m

cr_001_04-article_03-img_b-m

cr_001_04-article_03-img_b-s

cr_001_04-article_03-img_c-m

cr_001_04-article_03-img_c-m

cr_001_04-article_03-img_c-s

cr_001_04-article_03-img_d-m

cr_001_04-article_03-img_d-m

cr_001_04-article_03-img_d-s

cr_001_04-article_03-img_e-m

cr_001_04-article_03-img_e-m

cr_001_04-article_03-img_e-s

cr_001_04-article_03-img_f-m

cr_001_04-article_03-img_f-m

cr_001_04-article_03-img_f-s

cr_001_04-article_03-img_g-m

cr_001_04-article_03-img_g-m

cr_001_04-article_03-img_j-s

POINT 01 : EYE

POINT 01 : EYE

POINT 01 : EYE

zine-cr_001_04-article_03-img-03-s

目もとを立体的に魅せるギミック

いくつものアイカラーを繊細に重ねた目もとには、アイライナーの代わりにブルーのアイシャドウを目のキワにのせると、強すぎず柔らかい印象に。また、グリッターカラーで輝きを加えているのもポイント。キラリと光るテクスチャーが目もとに立体的な奥行き感を生む。

POINT 01 : LIP

POINT 01 : LIP

POINT 01 : LIP

zine-cr_001_04-article_03-img-04-s

カラーバランスを意識した
オレンジリップ

目もとの色味を活かすために、リップはオレンジカラー「リップモンスター 14」で優しく仕上げるのがポイント。このとき、唇の輪郭をぼかすように塗ると、より柔らかい印象に。


zine-cr_001_04-article_03-img-05-s

鈴木迅

ヘアスタイルを活かした
粋なアイメイク

長い前髪と落ち着いた雰囲気を活かし、モスグリーンのアイシャドウ「ザ アイカラー P217」をさりげなく見え隠れさせた渋みのあるカラーメイクに。赤やイエローといった彩度の高いカラーではなく、髪の色に近い暗めのトーンを選び、やりすぎない粋なアイメイクが完成。

目もと以外はベースを整える程度で色味を抑えつつ、唇には少し血色感のある「リップモンスター 03、05」を混ぜて塗ることで、アイメイクのみが浮くことなく自然な仕上がりに。

cr_001_04-article_03_2-img_a-m

cr_001_04-article_03_2-img_a-m

cr_001_04-article_03_2-img_a-s

cr_001_04-article_03_2-img_b-m

cr_001_04-article_03_2-img_b-m

cr_001_04-article_03_2-img_b-s

cr_001_04-article_03_2-img_c-m

cr_001_04-article_03_2-img_c-m

cr_001_04-article_03_2-img_c-s


zine-cr_001_04-article_03-img-06-s

礒本雄太

優しくまろやかな眼差しに
青をひとさじ

柔らかな印象の目もとに、あえてブルーのアイシャドウ「ザ アイカラー M108」でアクセントをつけたアイメイク。

全体にのせるのではなく、目尻にのみポイントでぼかすように入れると強すぎずまろやかな雰囲気に。顔全体の色味のバランスをみて、リップは塗らずに仕上げている。

cr_001_04-article_03_3-img-m

cr_001_04-article_03_3-img-m

cr_001_04-article_03_3-img-s


zine-cr_001_04-article_03-img-07-s

川島健太朗

彩度の高いカラーで
力強い印象の目もとに

メンバーで唯一、前髪を上げて額を出したスタイルのため、肌の色に馴染み、眉や目の印象の強さにマッチする暖色系のアイシャドウ「ザ アイカラー M101」をチョイス。

ラズベリーカラーの血色感を下まぶたの目頭にじんわりと滲ませるようなイメージでのせると、どこか生っぽさを感じる「かっこいい」表情が生まれる。

cr_001_04-article_03_4-img-m

cr_001_04-article_03_4-img-m

cr_001_04-article_03_4-img-s


バンドの“カラー”を客観的に捉えたメイクで新境地へ

バンドの“カラー”を客観的に捉えたメイクで新境地へ

バンドの“カラー”を客観的に捉えたメイクで新境地へ

――Laura day romanceの4人にお聞きします。今回、木村さんのメイクで新たなアーティスト写真を撮影して、どんなことを感じましたか?

井上:木村さんがLaura day romanceをイメージして色味をたくさん使ってくださったので、私たちが表現したい「多様な要素を取り入れた音楽」っていうのがちゃんと伝わっているんだなって感じましたね。メイクだけじゃなく、撮影空間や衣装にまで曖昧で複雑なカラーがたくさん混ざっている感じが、すごく私たちらしいところ。このアーティスト写真を使いたいなと思っている1月の単独ライブが「SWEET VERTIGO(甘い目眩)」というタイトルなのですが、目眩がするようなカラフルで幻想的な世界観もマッチしていて嬉しいです。

川島:目もとに色を使うといっても、80年代みたいなビビッドな派手さではなく、さりげなく映えるポップな感じがバンドのカラーとフィットしていて。新鮮さもありつつ、すごく絶妙なところをついてくれたなと感じました。

礒本:今までのアーティスト写真はそのときのバンドのブームというか、気分が表れていたと思うんですけど、今回はまた違う目線ですよね。こうやって客観的に自分たちを捉えて、表現の仕方を見つめ直すっていうのも面白いこと。これからのLaura day romanceを考えるいいきっかけになったような気がします。

鈴木:いつもの順番としては音源のあとにアー写を作るのですけど、今回は先にビジュアルを作っている状態なので、普段とは逆なんですよね。だからこの雰囲気を音楽にフィードバックできる可能性もある。それくらいみんなが気に入る一枚になったと思います。

zine-cr_001_04-article_04-img-01-s

zine-cr_001_04-article_04-img-scroll

zine-cr_001_04-article_04-img-scroll

zine-cmn-img-clear

――それぞれのアイメイクに使われた「色」に対してはいかがですか?

礒本:メイクのときに木村さんに「君は何色担当なの?」って言われて、考えたこともなかったのでちょっと焦ったんですけど(笑)、自分では暗い色が合うと思ってたんですよ。でも、逆に木村さんはけっこう鮮やかな青を使ってくれて、そういうギャップも面白かったです。普段イメージしてない色が入ると、気持ちも変わってくる気がしますね。

鈴木:僕は結構がっつりグリーンの色味が入っているので、前髪を上げてメイクをしているときは「すごいな」と思っていたんですけど、前髪を下ろしたら意外と馴染んでいて。普段から、こういうさりげない仕掛けがあるものがすごく好きなので、リンクを感じて嬉しかったです。

川島:個人的な話になってしまうんですけど、僕の兄が赤い色が好きだったので、その先入観からか「赤は自分の色じゃない」って気持ちがずっとあったんです(笑)。でも、いざ目もとに赤い色が入ると意外とナチュラルだし、歌舞伎の隈取りを思わせるような部分もあって、テンションが上がっていくような感覚になりました。

井上:私もこんなにたくさん色味が入るメイクって自分には似合わないんじゃないかと思っていたんですけど、実際は普段使いできそうなくらい自然で、嬉しい発見でした。3人の色味が私のメイクに入っているのも、それぞれの個性が重なっている音楽性とリンクしてくる感じで面白いなって。木村さんはラフな雰囲気と洗練された感覚が同居していて、「この人に任せたいな」と思えるヘアメイクアップアーティストさん。こういう洗練されたメイクの感覚は自分たちだけでは表現しきれないので、これから取り入れていきたいですね。

zine-cr_001_04-article_04-img-02-s

――木村さんにお聞きします。今回の企画を終えてどんなことを感じましたか?

井上さん以外のメンバーには撮影当日に初めて会ったんですけど、みんなリラックスしていて、「メイクされてる感」とか「撮られてる感」みたいな硬さもなく、自然ないい表情を作ってくれた感じがします。空間にすーっと馴染んでいくところがLaura day romanceっていうバンドの魅力のひとつなのかもしれないですね。

彼らの音楽を聴いたとき、「すごく色々な要素があって、人によって違う感じ方ができる作品だな」と思ったんですが、そういう「人それぞれのスタイルでいい」っていう感覚はKATEの「no more rules.」にもつながる感じがしました。ルールはなくて、好きな色でいいんだよっていう。だから僕も彼らが今までやってこなかったカラフルなメイクっていうのに挑戦できたし、空間や衣装も含めて新しい表現が引き出せたんじゃないかなと思います。

KATE MAGAZINE
THE CREATORS vol.1
プレゼントキャンペーン

実施期間:
12/15(木)~2023/1/5(木)23:59まで

応募者の中から抽選で10名様に、
KATE MAGAZINE THE CREATORS vol.1 #2で使用した

メイクセット(全て現品)を
プレゼントいたします。
こちらのURLにアクセスいただき、

アンケートへのご回答をお願いいたします。

アンケートはこちら

応募規約はこちら

プレゼント応募規約


株式会社カネボウ化粧品(以下「当社」といいます)が企画・実施するキャンペーン「KATE MAGAZINE THE CREATORS vol.1プレゼントキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)にご応募いただく前に、本応募規約をよくお読みください。なお、本キャンペーンにご応募いただいた方(以下「応募者」といいます)は、ご応募いただいた時点で、以下の内容にご同意いただいたものとみなします。本応募規約は本キャンペーンに関する応募者と当社の合意の内容となります。

1.本キャンペーンの概要


【応募期間】
2022年12月15日(木)10:00~2023年1月5日(木)23:59:59

【応募方法】
KATE MAGAZINEに関するアンケート(https://ssl.kanebo-cosmetics.co.jp/enquete/2022-065_kate)にご回答いただき、応募を完了してください。

【当選発表】
・応募者の中から抽選のうえ、当選者を決定いたします。
・当選者のみに、KATE公式アカウントからダイレクトメッセージをお送りし、プレゼント発送に関するご案内及びプレゼントの発送先の確認をさせていただきます。
・入力フォームは受付完了画面の表示をもって登録完了となります。別途受付完了メールは送付されませんのでご了承ください。
・当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。(2月上~中旬予定)
・発送は諸事情により発送に遅れが生じる場合がございますのでご了承ください。

2.注意事項


【応募に関する注意事項】
・次の場合にはご応募は無効となります。
1)当選通知前にご応募に使用したアカウントが削除されている場合
2)当選通知前にご応募に使用したアカウントのユーザー名(@で始まるもの)が変更されている場合
3)アカウントを非公開としている場合及び投稿後に非公開とした場合
4)当社社員及び本キャンペーンの関係者による応募の場合
5)その他、応募者が本応募規約に違反した場合
・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
・本キャンペーンへのご応募、お問い合わせにかかる通信料は、応募者のご負担となります。
・機種・OS・ブラウザ等の理由により一部のPC、携帯電話、スマートフォン、タブレット等ではご応募いただけない場合もございます。
・本キャンペーンへのご応募によるいかなるトラブル、損害が発生したとしても、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンは、Twitterの運営会社の提供・協賛によるものではありません。
・Twitterのご利用にあたっては別途それぞれの利用規約が適用されますので、ご自身で責任をもってご確認のうえ、ご利用ください。
・Twitterが提供するサービスのメンテナンスや不具合、応募者の利用する通信端末や通信事業者の提供するサービスの不具合等により、本キャンペーンへのご応募が行えない場合や、情報漏えいその他の損害が応募者や第三者に発生した場合においても、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本応募規約に違反していると当社が判断した場合、応募者のアカウントのブロック等の必要な措置を取ることができるものとし、これに関連して応募者に損害が発生した場合についても、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

【禁止事項】
以下のいずれかに該当する投稿は禁止とさせていただきます。これらの投稿によるご応募は、無効とさせていただきます。
1)法令や公序良俗、本応募規約の各規定に違反し、またはそのおそれがある投稿
2)第三者の著作権その他の知的財産権や肖像権、プライバシー権その他の権利または利益を侵害し、またはそのおそれがある投稿
3)わいせつ・残虐・差別に相当する等の事情により、第三者に不快感を与える投稿
4)当社・他人を誹謗中傷する投稿
5)営利を目的とした投稿
6)犯罪行為や危険行為を誘引させる投稿
7)個人情報が含まれている投稿
8)プログラム等による自動応募と当社が判断した投稿
9)その他当社が本キャンペーンの趣旨に照らして不適切と判断した投稿
・本キャンペーンのご応募にあたり、本キャンペーンサイトへの不正アクセス、Twitterアカウントやメールアドレスの不正取得その他の不正行為を行った場合は、ご応募を無効とさせていただきます。

【当選に関する注意事項】
・ダイレクトメッセージを受信いただけない場合、またはダイレクトメッセージでご案内する期限までにプレゼントの発送先をご登録いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。
・プレゼントの発送先は、日本国内に限らせていただきます。
・住所の誤記、転居先不明、長期不在等の理由によりプレゼントをお届けできない場合、当選は無効とさせていただきます。
・当選の権利及びプレゼントを第三者へ譲渡・換金・転売することはできません。プレゼントは本キャンペーンにご応募していただいたお礼となっておりますので、オークション等への出品もご遠慮ください。
・発送先登録フォームを他の人に共有した場合、当選が無効となります。
・景品表示法等の法令の規制により、同時期に実施する当社または第三者が実施するキャンペーンと重複して当選できない場合がございます。
・抽選後に応募者が本応募規約に違反していたことが判明した場合、当選を無効とさせていただく場合がございます。

【本キャンペーン及び本応募規約の変更等】
・本キャンペーン及び本応募規約は、プレゼントの内容を含め、予告なく変更・中止・終了することがあり、その場合当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーン及び本応募規約の変更・中止・終了の効力は、本キャンペーンサイトに本キャンペーンの変更・中止・終了のご案内を掲載した時点または変更後の本応募規約を掲示した時点で全ての応募者に生じるものとします。

【その他】
本キャンペーン及び本応募規約に関する事項には日本法が適用されます。本キャンペーンに関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とさせていただきます。

3.個人情報の取り扱いについて


当社は、応募者からいただいた個人情報を、抽選、当選連絡、プレゼントの発送、お問い合わせへの返信等の当社が実施するキャンペーンの運営及び当社グループの化粧品事業におけるより良い商品・サービスの開発のためにのみ利用させていただきます。また、当該キャンペーンの運営の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合及び当社グループの化粧品事業のために当社と共同して利用する当社の関係会社に提供する場合を除き、個人情報を応募者の承諾なく第三者に提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。

4.本キャンペーンについてのお問合わせ


●当キャンペーンに関するお問い合わせ先はこちら
https://ssl.kao.com/jp/kanebo-cp/

●商品のお問い合わせ先はこちら
https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/contact/

・お問い合わせの内容によっては、お返事を差し上げるまでにお時間がかかることがあります。あらかじめご了承下さい。
・応募受付の状況、選考結果やプレゼントの発送に関する個別のお問合せにはお答えできません。

※「カネボウ化粧品のキャンペーン規約」はこちらをご確認ください
https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/function/campaign/

期間限定配信:2023年5月末頃まで

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

Profile

木村一真
ヘアメイクアップアーティスト。都内のサロンを経て、2020年に駒場にヘアアトリエ「捨迦刃庭」を、2022年には外苑前に「skavati」をオープン。アーティストのミュージックビデオやアーティスト写真、俳優の撮影仕事を中心に、ブランドルック、エディトリアル、広告などさまざまな媒体でヘアメイクを手がける。

Laura day romance
2017年結成の男女ツインボーカルバンド。2018年にEP『herfavorite seasons』が発売されるや否や各店舗で売り切れが続出し「出れんの!? サマソニ!?」に選出されSUMMER SONIC2018に出演。2019年2月に開催された自主企画イベント「Blanket ghost Thanksgiving」にはshowmore、ベランダを招きソールドアウト。2020年6月にファーストアルバム『farewellyour town』を、2022年3月にはセカンドアルバム『roman candle/憧憬蝋燭』をリリース。洋楽に影響を受けつつも日本的なポップさを持ち合わせ、アートや映画のようないつの時代も愛される音楽を奏でる。2023年1月29日に単独ライブ『SWEET VERTIGO 2023』を開催予定。

Staff

Hair&Make:Kazuma Kimura(skavati)
Model:Kazuki Inoue,Jin Suzuki,Yuta Isomoto,
Kentaro Kawashima(Laura day romance)
Photo:Yui Fujii
Stylist:Sho Sasaki
Text:Mayu Sakazaki
Edit:Junko Inui,Rei Yanase,
Mizuki Katsumata,Hiroto Okazaki(Roaster)

Related Articles

Page Top