自分のなかにある“強さ”を表現するメイク。 #nomorerules. vol.13 #4 あの 2022.10.12

自分のなかにある“強さ”を表現するメイク。 #nomorerules. vol.13 #4 あの 2022.10.12

自分のなかにある“強さ”を表現するメイク。 #nomorerules. vol.13 #4 あの 2022.10.12

今年メジャーデビューを果たしたソロアーティストであり、バンド「I’s」のボーカル&ギターであり、映画やドラマ、バラエティでも神出鬼没に活躍するあのさん。メイクやファッション、そしてステージによってまったく違う顔を見せてくれる彼女が、今回はKATEのアイテムで変身。あのさんが挑戦したかったという、“ハンサムで凛としたイメージ”を表現してくれました。

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

“かわいい”だけじゃない、“かっこいい”メイク

“かわいい”だけじゃない、“かっこいい”メイク

“かわいい”だけじゃない、“かっこいい”メイク

zine-013_04-article_01-img-01-s

──KATEのアイテムを使ってみていかがでしたか?

もともとアイブロウやリップは、プライベートでもずっと使っていて、崩れにくくて使いやすいっていうイメージがありました。今回はファンデーションを初めて使ったんですが、めちゃめちゃ良くて、かなり衝撃的でした(笑)。仕上がりの感じが好きだったので、これから使っていきたいです。

zine-013_04-article_01-img-scroll

zine-013_04-article_01-img-scroll

zine-cmn-img-clear

──KATEにはどんな印象を持っていましたか?

やっぱり黒のイメージが強いから、スタイリッシュで凛とした印象がありました。KATEって使ってると気分が上がるというか、かっこいいじゃないですか。だから“かっこよくて凛としたイメージになれる”っていう感じ。高校生くらいのときからそう思ってましたし、その印象は今も変わらないですね。

いつもと違う自分もいいなって思う

いつもと違う自分もいいなって思う

いつもと違う自分もいいなって思う

zine-013_04-article_03-img-01-s

――今回、KATEのイメージともつながるような“ハンサムな人物像”をメイクテーマに選んだのはどうしてですか?

そういうかっこよくて凛としたイメージがあったので、せっかくKATEさんと一緒にやれるなら“ハンサムなメイク”っていうのがはまるかなと思って。いつもと違う自分にさせてくれそうだなっていう期待もあって、このテーマを選びました。

――実際にメイクをしてみて、どんなことを感じましたか?

今回はアイブロウがすごく特徴的で、いつもより太めに、強く描いてもらったんです。今まではそういうメイクがちょっと苦手だったんですけど、実際に挑戦してみたら「こういう自分もいいな」って思えた。いつもと違う自分もありなのかなって感じることができたのは、大きな変化かもしれないです。

――普段、自分の中にかっこよさ、強さみたいなものを感じるときってありますか?あのさんは、ライブでのパフォーマンスもめちゃくちゃかっこいいですよね。

どうだろう、そのかっこよさとはまた違いますけど、ごはんに行くとき「僕が払うよ」って急に言ったり、そういう意外性はあると思います。隣でシャンパンとか飲めないでいる子がいたら、無言で飲んであげたりする(笑)。ハンサムとは違うかもしれないけど、そういうところはあるかもしれません。

zine-013_04-article_03-img-scroll

zine-013_04-article_03-img-scroll

zine-cmn-img-clear

zine-013_04-article_03-img-02-s

メイクの壁をなくして、もっと自由に

メイクの壁をなくして、もっと自由に

メイクの壁をなくして、もっと自由に

──今回のように、テーマを決めてメイクを楽しむこともありますか?

あります、あります。「今日はレトロで昭和な、昔のアイドルみたいなメイクにしよう」って日もあれば、「チャイボーグメイクっぽくしよう」とか「K-pop風やってみよう」とか。そういう時間もすごく好きなので、密かに一人で楽しんでいます。

──そうやって色々な時代やスタイルを自由に楽しめるのも、メイクの魅力ですよね。最後に、あのさんがこれからのメイクに期待することがあれば教えてください。

最近は少しずつ変わってきてるけど、やっぱり「こんなメイクが女性らしい」とか「男性はメイクをしないもの」みたいな既成概念はなくなってほしいなと思います。たとえば好きなファッションに合わせてメイクをしても、男の人からは反応がよくなかったりするじゃないですか。そういう「モテじゃないメイク」があることもわかってほしいというか。

色々なスタイルのメイクをすることが普通になれば、一人ひとりの自由度が増して、それが自己表現にもつながっていくと思うんです。「これが普通のちゃんとしたメイク」みたいな、見えないルールや先入観がどんどんなくなっていけばいいな。

zine-013_04-article_04-img-01-s

いつもと違うメイクの楽しさ、そして何かにとらわれることなく自由にメイクすることの楽しさを伝えてくれたあのさん。次回は、読者の皆さまから事前に募集したメイクの悩みや自己表現にまつわる質問に答えていただきます。

KATE MAGAZINE vol.13
プレゼントキャンペーン

実施期間:10/12(水)~11/2(水)23:59まで

応募者の中から抽選で10名様に、
KATE MAGAZINE vol.13 #3で

あのさんが使用した
メイクセット(全て現品)を
プレゼントいたします。
こちらのURLにアクセスいただき、

アンケートへのご回答をお願いいたします。

アンケートはこちら

応募規約はこちら

プレゼント応募規約


株式会社カネボウ化粧品(以下「当社」といいます)が企画・実施するキャンペーン「KATE MAGAZINE vol.13 プレゼントキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)にご応募いただく前に、本応募規約をよくお読みください。なお、本キャンペーンにご応募いただいた方(以下「応募者」といいます)は、ご応募いただいた時点で、以下の内容にご同意いただいたものとみなします。本応募規約は本キャンペーンに関する応募者と当社の合意の内容となります。

1.本キャンペーンの概要


【応募期間】
2022年10月12日(水)10:00~2022年11月2日(水)23:59:59

【応募方法】
KATE MAGAZINEに関するアンケート(https://ssl.kanebo-cosmetics.co.jp/enquete/2022-055_1_kate)にご回答いただき、応募を完了してください。

【当選発表】
・応募者の中から抽選のうえ、当選者を決定いたします。
・当選者のみに、KATE公式アカウントからダイレクトメッセージをお送りし、プレゼント発送に関するご案内及びプレゼントの発送先の確認をさせていただきます。
・入力フォームは受付完了画面の表示をもって登録完了となります。別途受付完了メールは送付されませんのでご了承ください。
・当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。(12月上旬~中旬予定)
・発送は諸事情により発送に遅れが生じる場合がございますのでご了承ください。

2.注意事項


【応募に関する注意事項】
・次の場合にはご応募は無効となります。
1)当選通知前にご応募に使用したアカウントが削除されている場合
2)当選通知前にご応募に使用したアカウントのユーザー名(@で始まるもの)が変更されている場合
3)アカウントを非公開としている場合及び投稿後に非公開とした場合
4)当社社員及び本キャンペーンの関係者による応募の場合
5)その他、応募者が本応募規約に違反した場合
・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
・本キャンペーンへのご応募、お問い合わせにかかる通信料は、応募者のご負担となります。
・機種・OS・ブラウザ等の理由により一部のPC、携帯電話、スマートフォン、タブレット等ではご応募いただけない場合もございます。
・本キャンペーンへのご応募によるいかなるトラブル、損害が発生したとしても、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンは、Twitterの運営会社の提供・協賛によるものではありません。
・Twitterのご利用にあたっては別途それぞれの利用規約が適用されますので、ご自身で責任をもってご確認のうえ、ご利用ください。
・Twitterが提供するサービスのメンテナンスや不具合、応募者の利用する通信端末や通信事業者の提供するサービスの不具合等により、本キャンペーンへのご応募が行えない場合や、情報漏えいその他の損害が応募者や第三者に発生した場合においても、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本応募規約に違反していると当社が判断した場合、応募者のアカウントのブロック等の必要な措置を取ることができるものとし、これに関連して応募者に損害が発生した場合についても、当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

【禁止事項】
以下のいずれかに該当する投稿は禁止とさせていただきます。これらの投稿によるご応募は、無効とさせていただきます。
1)法令や公序良俗、本応募規約の各規定に違反し、またはそのおそれがある投稿
2)第三者の著作権その他の知的財産権や肖像権、プライバシー権その他の権利または利益を侵害し、またはそのおそれがある投稿
3)わいせつ・残虐・差別に相当する等の事情により、第三者に不快感を与える投稿
4)当社・他人を誹謗中傷する投稿
5)営利を目的とした投稿
6)犯罪行為や危険行為を誘引させる投稿
7)個人情報が含まれている投稿
8)プログラム等による自動応募と当社が判断した投稿
9)その他当社が本キャンペーンの趣旨に照らして不適切と判断した投稿
・本キャンペーンのご応募にあたり、本キャンペーンサイトへの不正アクセス、Twitterアカウントやメールアドレスの不正取得その他の不正行為を行った場合は、ご応募を無効とさせていただきます。

【当選に関する注意事項】
・ダイレクトメッセージを受信いただけない場合、またはダイレクトメッセージでご案内する期限までにプレゼントの発送先をご登録いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。
・プレゼントの発送先は、日本国内に限らせていただきます。
・住所の誤記、転居先不明、長期不在等の理由によりプレゼントをお届けできない場合、当選は無効とさせていただきます。
・当選の権利及びプレゼントを第三者へ譲渡・換金・転売することはできません。プレゼントは本キャンペーンにご応募していただいたお礼となっておりますので、オークション等への出品もご遠慮ください。
・発送先登録フォームを他の人に共有した場合、当選が無効となります。
・景品表示法等の法令の規制により、同時期に実施する当社または第三者が実施するキャンペーンと重複して当選できない場合がございます。
・抽選後に応募者が本応募規約に違反していたことが判明した場合、当選を無効とさせていただく場合がございます。

【本キャンペーン及び本応募規約の変更等】
・本キャンペーン及び本応募規約は、プレゼントの内容を含め、予告なく変更・中止・終了することがあり、その場合当社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーン及び本応募規約の変更・中止・終了の効力は、本キャンペーンサイトに本キャンペーンの変更・中止・終了のご案内を掲載した時点または変更後の本応募規約を掲示した時点で全ての応募者に生じるものとします。

【その他】
本キャンペーン及び本応募規約に関する事項には日本法が適用されます。本キャンペーンに関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とさせていただきます。

3.個人情報の取り扱いについて


当社は、応募者からいただいた個人情報を、抽選、当選連絡、プレゼントの発送、お問い合わせへの返信等の当社が実施するキャンペーンの運営及び当社グループの化粧品事業におけるより良い商品・サービスの開発のためにのみ利用させていただきます。また、当該キャンペーンの運営の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合及び当社グループの化粧品事業のために当社と共同して利用する当社の関係会社に提供する場合を除き、個人情報を応募者の承諾なく第三者に提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。

4.本キャンペーンについてのお問合わせ


●当キャンペーンに関するお問い合わせ先はこちら
https://ssl.kao.com/jp/kanebo-cp/

●商品のお問い合わせ先はこちら
https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/contact/

・お問い合わせの内容によっては、お返事を差し上げるまでにお時間がかかることがあります。あらかじめご了承下さい。
・応募受付の状況、選考結果やプレゼントの発送に関する個別のお問合せにはお答えできません。

※「カネボウ化粧品のキャンペーン規約」はこちらをご確認ください
https://www.kanebo-cosmetics.co.jp/function/campaign/

期間限定配信:2023年2月末頃まで

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

Profile

あの
アーティスト、タレント、俳優、モデル。SNS総フォロワー170万を持ち、若い世代の女性を中心に人気を誇る「あの」。2020年9月より「ano」名義でのソロ音楽活動を開始。2022年4月 TOY’S FACTORYよりメジャーデビュー。10月オンエアのTVアニメ『チェンソーマン』EDテーマソングに「ちゅ、多様性。」が抜擢。 自身を中心に組んだバンド「 I’s 」 も活動中。 音楽活動だけに留まらずタレント、女優、モデルとマルチに活動。

Staff

Photo:Yui Fujii
Hair&Make:URI
Stylist:Miri Wada
Text:Mayu Sakazaki
Edit:Junko Inui,Asako Tanaka,Rei Yanase,
Mizuki Katsumata,Hiroto Okazaki(Roaster)

Related Articles

Page Top