メイクをすると、自然と顔を上げられる。 #nomorerules. vol.13 #3 あの 2022.10.5

メイクをすると、自然と顔を上げられる。 #nomorerules. vol.13 #3 あの 2022.10.5

メイクをすると、自然と顔を上げられる。 #nomorerules. vol.13 #3 あの 2022.10.5

今年メジャーデビューを果たしたソロアーティストであり、バンド「I’s」のボーカル&ギターであり、映画やドラマ、バラエティでも神出鬼没に活躍するあのさん。試行錯誤をくり返しながら自分に合うメイクを見つけていったという彼女が、メイクを通して感じたポジティブな変化とは?


あのちゃんメイクの秘密

あのちゃんメイクの秘密

あのちゃんメイクの秘密


NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

トレンドは追わず、“自分のメイク”を追求する

トレンドは追わず、“自分のメイク”を追求する

トレンドは追わず、“自分のメイク”を追求する

──あのさんが、最初にメイクをしたのはいつですか?

家が厳しかったこともあって、初めてメイクをしたのはアイドルを始めた頃でした。確かBBクリーム的な、ベースメイクのアイテムだったかな。何もわからなすぎて、自分の肌よりずっと暗い色を使っていたことにあとから気づきました(笑)。

zine-013_03-article_01-img-01-s

zine-013_03-article_01-img-scroll

zine-013_03-article_01-img-scroll

zine-cmn-img-clear

――どんなふうに“自分のメイク”を見つけていきましたか?

最初はそうやって合わない色を使っていたり、チークをつけすぎちゃったり、よく失敗してました。でも、初めてメイクさんにお化粧をしてもらったとき、「やり方ひとつで全然違う自分になれるんだ」って驚いて。それからは自分で毎日違うメイクをして、たくさん実験して、これだったらかわいいかもって自分が思える方法を厳選していったんです。だから写真を載せるたびに「顔が違う」とか「整形した」って言われてました(笑)。体重の変化もあったけど、毎回言われるのでメイクの力をすごく感じたし、化粧映えするタイプなんです。

──自分なりのベーシックを探っていったんですね。

そうですね。だからメイクをするのは好きだけど、昔からあんまりデフォルトのメイクは変わらないかもしれません。「あのちゃんはこういう顔」ってみんなが思ってるイメージもあるし、表に出るときは自分なりのこだわりもある。だからメイクのトレンドには乗らず、自分に合ったメイクを続けています。

zine-013_03-article_01-img-02-s

zine-013_03-article_01-img-03-s

メイクでコンプレックスを受け入れられた

メイクでコンプレックスを受け入れられた

メイクでコンプレックスを受け入れられた

zine-013_03-article_03-img-01-s

――メイクでこだわるポイントはどこですか?

リップは顔の印象がすごく変わるし、ファッションに合わせて色を変えられるのも楽しいです。もともと口が大きいことが自分としてはコンプレックスで、上唇が薄く見えるようなメイクをしてたこともありました。でも、色んなメイクをするなかでだんだん受け入れられるようになってきて、今は好きになれたんです。だから、持っているアイテムも圧倒的にリップが多いんですよ。

――驚くほど色の種類が多いから、選ぶのも楽しいですよね。

そうですね。普段あまりメイクは変えないんですけど、リップだけは固定せず色々なカラーを使ってます。唇全体にひとつの色を塗ってから、中心にだけ濃い色を入れるのが好き。ときには雰囲気をガラッと変えてみたり、変身したりできるのもメイクやファッションの面白さだと思います。

“変化する自分”を楽しむこと

“変化する自分”を楽しむこと

“変化する自分”を楽しむこと

zine-013_03-article_04-img-01-s

──メイクをすることで、自分にどんな影響がありますか?

メイクしてないときは、眠いし、気だるいし、めちゃめちゃ暗いんですよ。そういうときに話しかけられると、やさぐれた返事になっちゃう(笑)。メイクをすると、自然と顔を上げられるというか、自己肯定感が上がって前向きになれるんです。「外に出ようかな」とか、「服もおしゃれしよう」とか、メイクによって行動も変わってくる気がします。

──「あのちゃんメイク」を真似したり、参考にしている人も多いですよね。メイクに悩む人にアドバイスはありますか?

う~ん、なんだろう。でも僕のファンって、自己肯定感が低い人も多いのかなって感じていて。僕にとってメイクをすることは、気分が変わったり、表現が広がったり、できることが増えたり、良いことしかないんですよ。だから、メイクをしたい人は僕や誰かのメイクを真似するのもいいし、自分に自信が持てるような、色んなメイクを試してほしいなって思います。

次回は、あのさんがKATEアイテムで“ハンサムで凛としたイメージ”の新しいメイクに挑戦。いつもの「あのちゃん」とは少し違う、大人な表情をお楽しみに。

期間限定配信:2023年2月末頃まで

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

Profile

あの
アーティスト、タレント、俳優、モデル。SNS総フォロワー170万を持ち、若い世代の女性を中心に人気を誇る「あの」。2020年9月より「ano」名義でのソロ音楽活動を開始。2022年4月 TOY’S FACTORYよりメジャーデビュー。10月オンエアのTVアニメ『チェンソーマン』EDテーマソングに「ちゅ、多様性。」が抜擢。 自身を中心に組んだバンド「 I’s 」 も活動中。 音楽活動だけに留まらずタレント、女優、モデルとマルチに活動。

Staff

Movie:Mitsuaki Murata(ETONE)
Photo:Yui Fujii
Stylist:Miri Wada
Text:Mayu Sakazaki
Edit:Junko Inui,Asako Tanaka,Rei Yanase,
Mizuki Katsumata,Hiroto Okazaki(Roaster)

Related Articles

Page Top