自由に素直に、自分をさらけ出していい。 #nomorerules. vol.6 #2 KATY 2021.6.1

自由に素直に、自分をさらけ出していい。 #nomorerules. vol.6 #2 KATY 2021.6.1

自由に素直に、自分をさらけ出していい。 #nomorerules. vol.6 #2 KATY 2021.6.1

“今、一番心配で最も信仰したいアイドル”としてファンを惹きつけ、3月からソロ活動を始めたばかりのアーティスト・KATYさん。何にも縛られず自由に生きるようになったきっかけとは?


01. 自由に生きるようになったきっかけ


02. 本当の自分を隠したくない


03. 無理にルールを破ることはしない


NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

何も制限されていないから自由で心地いい

何も制限されていないから自由で心地いい

何も制限されていないから自由で心地いい

――KATEは「no more rules.」をコンセプトに掲げていますが、KATYさんが縛られたくないルールはありますか。

今生きていて、縛られてるなーと思うことがないです。今まで1回もないかもしれない。あ、でも昔ロリータアイドルやっていた時は制限があって、その時はちょっとあったかもしれないです。今は縛りがなくて自由すぎて心地いいです。

――海外の文化に、自由を感じて好きになったとお聞きしました。KATYさんの中で「自由」の概念が変わった瞬間はありますか?

小学生の時に外国の友達がホームステイに来て、その国の人は3日に1回しかお風呂に入らない人もいるっていうのを聞いて、日本の当たり前の常識とかマナーも、ほかの国では違うんだ、私はこっちが好きだなって自由を感じました。私もそれから毎日はお風呂に入らなくなりました。

zine-006_02-article_01-img-01-s

SCROLL   SCROLL

SCROLL   SCROLL

SCROLL   SCROLL

――縛られずに自由に生きるという考え方になるにあたって、影響を受けた人はいますか。

大森靖子さんの感情の表し方がずっと好きで、彼女から自由に生きていいんだっていうことを教わりました。私コンビニに裸足で行ってたこともあったんですけど、大森さんが裸足でライブをしているのを見て、“何でもありなら自分をさらけ出しちゃおう”って考えになりました。若い子の中には、周りの圧力を感じたり、自分を抑えちゃう人も結構いる感じがするので、もっとやっていいぞ!って、いつもDM見て思っています。人と違わないといけないっていう強迫観念もあるから、自分の中の最強でいられたらいいんだよって思います。それで私も眉毛全剃りしてるんで。剃った方がその瞬間は最高になれるから。

いいねと言ってくれる人もいるから批判は怖くない

いいねと言ってくれる人もいるから批判は怖くない

いいねと言ってくれる人もいるから批判は怖くない

zine-006_02-article_02-img-01-s

――Twitterでは、ご自身のライフスタイルや考え方などを隠さずに発信していらっしゃいますよね。

本当に何も考えず素直に発信しちゃうんですよね。今思うと昔はオラオラしていたかも。2年前のツイートを見ると、“え、何でこんな事言うんだろう”ってびっくりしますもん。あと地元では当たり前だと思ってやっていたことが、世の中的には当たり前じゃなくて、発信してから“あ、違うんだ”ってびっくりしたこともたくさんありました。でもフォロワーが増えた時に“見られてるんだ”っていうことに気づいてから、人の役に立つような前向きな言葉を言うようになりました。うちのお母さんがポエマーで、その血を受け継いじゃった時期があって、オラオラ期からポエマー期を経て、今は普通ロード走っているかなと思います。

――発信することに対する批判は怖くないですか。

昔タバコの写真をSNSにアップした時、“アイドルが何タバコ吸ってんの?”って批判があって、結構グサグサと来ました。でもそんな中でもいいねって言ってくれる人が何人かいて、世の中にはいろんな人がいるんだって知りました。それに隠してバレるよりも最初に本当のことを言った方がいいなと思ったんです。だから批判はちょっとは怖いけど、ファンがいれば大丈夫だし、間違っていたら素直に教えてほしいって気持ちです。

zine-006_02-article_02-img-02-m

わざわざルールを破るのではなく、やりたいことをやるだけ

わざわざルールを破るのではなく、やりたいことをやるだけ

わざわざルールを破るのではなく、やりたいことをやるだけ

zine-006_02-article_03-img-01-s

――今縛られているものはないと感じているとのことですが、昔から自由に生きる性格でしたか。

昔から変わらずルールには縛られていない子どもでした。小学5年生の時はカンフーにハマって、中華街で買ったカンフーの服を来て遊びに行ったり、原っぱでずっとバク転したりしていました。あと大人になってファンの子からJK時代のジャージをもらって、それを私服にしたり。やりたいことはすぐやります。

――ご自身で意識をして、ルールや常識を破っていることはありますか。

私、傘ささないです。恥ずかしいっていうか、傘をさしている瞬間が人間ぽいのが嫌なんです。でもわざわざルールを破って反発しようってことではなく、自由に、やりたいようにやるのがいいと思います。“こういう自分になりたい”って願望があるならそれに向けて頑張ればいいけど、誰かを見て焦って無理にやることはない。自分から動き出したくなる時が必ず来るから、まだなら焦らないでいいんだよって思って生きています。

次回はKATYさんの普段のメイクについて深掘りします!

zine-006_02-footer-img-s

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

NO MORE RULES.

Profile

KATY
1998年生まれ、神奈川県出身。アイドルグループ・ZOCの元メンバー。破天荒なエピソードも含め、自らの経験や考えを隠さず発信。嘘のない言動が熱狂的なファンを集め、惹きつけている。2021年2月にZOCを卒業。現在はソロアーティストとして音楽活動やモデル、ブランドディレクターとして活躍している。描いたイラストがグッズで商品化されるなど、多才な一面も持つ。

Staff

Photo:Yui Fujii(Roaster)
Hair&Make:Hiyori Takanashi
Text:Ayumi Kinoshita
Edit:Haruyo Sugie,Ayano Homma(Roaster)

Related Articles

Page Top